【順序間違えると損】故障した「Rakuten Mini」の対処法3つ

2020年の4月から楽天モバイル が正式にサービスを開始したのを受けて、「Rakuten Mini」を使用しておりましたが、先日に端末が故障してしまい結果として端末を交換する対応をしてもらいました。

そこで「Rakuten Mini」が故障したときの対処法を、体験を交えながら解説します。

故障した「Rakuten Mini」の対処法

・ネットで下調べと準備

・電話受付で対応

・代替機が届いた後の対応は順序を間違えると料金が掛かるので注意

・わたくしの場合、楽天モバイル側の対応は良かったです

目次

下準備

わたくしの場合、端末のコネクターが突然壊れて充電が出来なくなりました。

充電が出来なくなれば当然充電切れになってしまいますので、楽天モバイルのホームページで故障したときの対応を調べつつ、最悪交換となっても良い様にデータ移行の準備に取り掛かりました。

まずはネットで下調べ

まずは、楽天モバイルのHPから「Rakuten Miniの修理・交換のお手続き」を調べました。

製品修理保証を確認しまして、端末を使用してから1年未満でしたので保証期間である事を確認し、さらに「Rakuten Miniの修理・交換のお手続き」の「5.故障機の発送」に書いてあります[製品のご準備]について、充電が切れると対処不可となってしまう準備をしました。

[製品のご準備]

お客様のデータ(電話帳、写真など)は必ずバックアップをお取り下さい。

おサイフケータイ機能をご利用の方は、必ずデータのバックアップをお取り下さい。

ロック、パスワードはあらかじめ解除して下さい。

別売アクセサリー(保護フィルム、ケース、ストラップなど)と付属品(USBケーブル、ACアダプターなど)は必ず取り外してご返送ください。

データの消失や付属品の紛失に関し、当社では一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承をお願いいたします。

わたくしの場合、おサイフケータイの移行とロック、パスワードの解除のみ該当していたので、個々の対応をしました。

参考までにデータの移行方法とおサイフケータイの移行方法を解説いたします。

データ・おサイフケータイの移行方法

データ移行(楽天モバイル全般)

Googleドライブ

楽天モバイルでは、機種変更や他社から楽天モバイルにMNPされる際などに、お使いの機種から新しい機種へデータを移行する方法や、万一の事態に備えてデータのバックアップ方法として、「Googleドライブ」アプリを推奨しております。

楽天モバイルを使用している方はもちろんのこと、Android端末へのデータ移行が可能ですので、Android端末に機種変更される時には便利です。

【移行できるデータ】

・電話帳

・写真、動画

・アプリ(LINE、Facebook、Twitter、おサイフケータイ)

【移行できる機種】

・AndroidからAndroid

・iPhoneからAndroid

わたくしの場合

わたくしの場合、「Rakuten Mini」を2台目としてプライベート用に使用していましたし、端末を使用して半年も経過しておりませんでしたので、画像やアプリなどのデータを端末にはほとんどというか全く入れていませんでした。

ですので、データ移行が出来なくなるといったことはありませんでしたが、これから長期で利用しようと考えておりますので、バックアップは取っておきたいと思います。

楽天Edyの移し替え

Edyなどのおサイフケータイは、機種変更と同じ様な対応をする必要があります。

わたくしは「楽天Edy」を使用しておりましたので、「楽天Edy」を旧端末から新端末へと移し替える工程を解説します。

データ移行方法

楽天EdyのHPから「おサイフケータイの機種変更・譲渡時」を参照ください。

ここで、楽天会員にログインする必要がありますので、ユーザーIDとパスワードの確認をお忘れなく。

また、手続きをした後30日以内に新しい端末で初期設定を行う必要があります。

併せてご注意のほど。

端末が故障した場合

端末が突然の故障などでデータ移行が出来ない場合の対応は楽天EdyのHPから「おサイフケータイ端末の故障/盗難/紛失について」を参照ください。

電話受付で対応しました

電話受付

「Rakuten Miniの修理・交換のお手続き」に記載のある電話番号に電話を掛けまして、対応して頂きました。

代替機に交換となりました

担当者に充電出来ない旨を説明したところ、新品と交換するとの事でした。

これは推測ですが、「Rakuten Mini」が故障した際の対応は、ホームページや電話での対応を考えると新品と交換が基本みたいです。

その方が同じ不具合にもなりにくいですし手っ取り早いですが、端末にデータが残ってしまった際の対応は、また別なのでしょう。

代替機が届いたら

代替機が届きましたら、端末が使用できるように設定をしていきます。

後述で説明しますが、順番を間違えたりゆっくり構えてますと、違約金などの料金が発生してしまう事になります。

また、代替機が届きましたら2週間以内に全て終了しなければなりませんので、早めに対応する様にしましょう。

再度電話受付でアクティベーションをお願いします

「Rakuten Mini」はeSIMといってSIMが端末本体に埋め込まれていますので、自分で機種変更が出来ません。

代替機が届いたらまずは再度電話受付まで、eSIMのアクティベーションをお願いする必要があります。

電話受付でeSIMのアクティベーションをお願いしたあとに「SIMカード再発行受付完了」のメールが届いたら、eSIMのアクティベーションは終了です。

注意点

代替機が届いたからといって、すぐに電源を入れてセットアップしてしまうと別途料金がかかってしまいますので、十分ご注意ください。

初期設定

「SIMカード再発行受付完了」のメールが届いた後、楽天モバイルのHPから「Rakuten Mini初期設定方法(製品交換の場合)」の指示に従って、代替機の設定を行います。

注意点

指示にもありますが、代替機はアップデートしたりしますので、必ずWiFi環境が整った場所で行う様にして下さい。

交換機を返却

故障した端末は、楽天モバイルに返却する必要があります。

代替機が梱包されている箱で返却しますので、届いた箱は絶対に捨てたり壊したりしないで下さい。

送付方法も梱包されておりますので、指示に従って下さい。

注意点

代替機が届いてから2週間以内に故障した端末を返却しないと¥20、000-の違約金が掛かってしまいます。

代替機が届きましたら早急に対応しましょう。

わたくしの場合の楽天モバイル側の対応

わたくしは今まで20年以上にわたり携帯電話を利用しておりますが、機種変更や故障などで携帯電話会社側との対応には、いつも対応の悪さに参っております。

多分、誰もが思っているかもしれません。

しかしながら、回の楽天モバイル側の対応は今までに無く良い対応でした。

電話受付

掛かり易いイメージです

携帯電話などのコールセンターって掛かりにくいイメージでしたが、都合5回ほど電話しましたところ、3回は「混み合っているため掛け直して下さい」といった音声案内でしたが、掛かった2回はいずれも5秒もしないうちに担当者が出てくるといった対応でした。

電話での対応

最初はビックリ発言が

コネクターが壊れた旨の説明をさせて頂き、担当者に変わるので3分ほど待つよう指示を受けました。

言われた通り3分待ったところ先ほどを同じ方が電話に出まして「大変混んでいるので、こちらから掛け直します」とのことでしたが、そこで「10日ほどお待ちください」と言われました。

ビックリですよ。

故障したまま10日も待たないと対応してくれないなんて、いくら何でも。

と思いましたが、ここでゴネても充電が出来るわけが無いので渋々了承しました。

折り返しは4時間後

結局、4時間後に折り返しの電話が掛かってきました。

だったら、10日かかるなんて消費者の不安を煽るようなことを言わなくて良いのに。

でも、9日早まったので良しとしました。

代替機が発送されて

代替機が届いたのは、電話対応で代替機を発送することになってから2日後でした。

「Rakuten Mini」の端末が2020月9月初旬の時点で申し込みから約3週間待ちと聞いていましたので、考えていたよりも迅速な対応でした。

ショップは行かない方が良い

ショップに行って故障や修理などの相談をという考えもありますが、今回の電話対応を考えますと、電話受付での対応の方が手間は無いであろうと思います。

楽天モバイルのHPを見ますとショップによっては販売のみであったりしますし、ショップ不具合の状況を説明しても結局は代替機を発送することになり、ショップに行ってもその場で修理が出来る訳でもありません。

ショップに行く手間もありますので、故障の時は専門家が対応してくれます電話対応の方が絶対に良いです。

まとめ

「Rakuten Mini」が故障した際、対処の順序を間違えると料金が掛かる恐れがあったりします。

慌てずに、ホームページ等で確認しましょう。

また、携帯電話は壊れる可能性がありますので、今回を期にバックアップを必ず取ろうと決めました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お気軽にご訪問ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる