【楽天モバイル】5ヶ月使ってみた感想からどんな人におススメかを解説

日本では大手3社(ドコモ・au・ソフトバンク)だった携帯電話のキャリアに対して、2020年の4月から楽天モバイル が新規参入しました。

その参入直後から楽天モバイルを利用しているわたくしが、ユーザーとして5ヶ月使ってみた感想と、どんな人におススメなのかを解説します。

・「Rakuten UN-LIMIT」は、こんな人におススメ

・iPhoneユーザー以外

・都会に住んでいる方

・サービスを楽天ポイントに集約したい方

・キャリアにこだわりが無い方

目次

メリット

コストパフォーマンスが良い

通話料が安い

楽天モバイル最大の売りは、既存キャリア3社よりも安い料金です。

楽天モバイルの料金設定は、「Rakuten UN-LIMIT2.0」のみですが、月額2,980円で

・「Rakuten Link」アプリを利用しての国内通話かけ放題、SMS使い放題

・楽天回線エリアなら、完全データ使い放題

と、他のキャリアで同等のサービスを受けた時より67%も安いとのフレコミです。

詳しくは、楽天モバイルのHPをご参照ください。

正直、利用してみて不便さを感じませんので、データ通信に制限のある格安SIMと比較しても月額2,980円は、かなりのコストパフォーマンスと言えるでしょう。

先着300万人まで年間料金がタダ

テレビやネットCMでご存知かと思いますが、先着300万人までの加入で1年間のプラン料金が無料です。

2020年6月に100万人を突破したみたいですが、2020年の9月現在で200万人突破の話を聞かないので、まだ十分キャンペーンに間に合います。

解約による違約金が無い

Rakuten UN-LIMIT2.0は、解約による契約解除料がいつでもタダです。

という事は、今はプラン料金が1年間無料ですが無料期間内に解約しても契約解除料がかからないのです。

わたくしはそのような事をするつもりはありませんが、使ってみて不便を感じる様であれば違約金を払うことなく他社に乗り換えることが可能です。

ネットで解約が可能

解約はauが他社への乗り換えのみで他の2社も窓口対応となりますが、楽天モバイルの解約はネットのみとなります。

携帯電話の機種変更や他社乗り換えって何かと1日作業になりますが、そのわずらわしさが無いだけでもありがたいです。

楽天ポイントが貯まる

わたくしが楽天モバイルを利用するきっかけは、楽天銀行で口座を開くついでにネットショッピングやキャッシュレス決済などが個々に利用する不便さを解消するために、すべて楽天のサービスに集約してしまおうと思っていました。

その準備段階で楽天の三木谷社長が「Rakuten UN-LIMIT2.0」の大々的な発表会があり、1年間の使用料金が無料という事もあったので、すぐさま楽天モバイルを申し込みました。

また、楽天ポイントが付くキャンペーンもあったお陰で、楽天ポイントのみでスマホケースやイヤホンなどを購入したので、結果としてお財布に優しい選択でした。

楽天回線のサービスエリアはデータ無制限

わたくしは自宅から勤務地までは楽天回線エリア内ですので、普段は無料回線を利用しております。

ですので、データ容量を気にすることなく、通勤電車の中で動画を見たりvoicyを聴いたりしています。

ごくたまに回線が切断する事がありますが、動画再生でもデータ遅延はありませんし、アプリのダウンロードも出来ます。

今も会社のスマホを使っておりますが、データ使用は3GB/月しか無くて何もしなくても厳しい状況でしたので、今の環境は天国の様です。

デメリット

楽天回線のサービスエリアが狭い

サービスエリアですが、回線使用料が無料となる楽天回線エリアが、いまのところ都市部に限定されています。

楽天回線エリア外は、au回線を利用する事となり、データ容量が5GB/月までが無料で、それを超過した後は通信速度が最大1Mbpsで使いたい放題となってしまいます。

最大1Mbpsとなりますと、ネットショッピングやゲームアプリやアプリのダウンロードが厳しくなります。

わたくしの通常の行動範囲は楽天回線エリア内ですが、所々でギリ回線エリアの箇所がありまして、マップ上では楽天回線エリアでも通信が切れてしまう事がありますし、逆に楽天回線エリアから少し外れた箇所でも回線が届くところもあります。

エリアマップはあくまで参考として、日常生活はがっつり楽天回線エリア内で過ごす方にはおススメですが、それ以外の方となりますと、月末のデータ通信が厳しい状態になります。

ショップ店員が全員素人

楽天モバイルをネットで契約する前に近所の楽天ショップへ行きましたが、ハッキリ言って最悪な対応でした。

こちらの質問に対して「少々お待ちください」とバックヤードに行き、5分経ってから「いいえ」か「わかりません」といった会話を3回繰り返させられました。

店員が楽天モバイルのことを全く理解していませんし、こちらの質問に対する回答のみを確認して来るのです。正直その店員はわたくしよりも楽天モバイルの知識がありませんでした。

それで時給が発生しているのなら、実にうらやましい限りです。

ただしその後コールセンターに電話する機会がありましたが、その際の対応はとても良かったです。

楽天モバイルの購入を考えているのであれば、ショップでは無くてネットや電話受付の方が絶対に良いです。

iPhoneは動作保証外

iPhoneは、Rakuten UN-LIMITの動作保証外の端末です(詳しくはココ)。

また、一部の端末で動作確認が出来ているみたいですが(端末の確認はココ)、「OSやソフトウェアの更新等により、機能のご利用が制限される場合がありますので、誠に申し訳ありませんが、当社での対応が難しい状況です。」とのことです。

そう考えると現段階でiPhoneでのRakuten UN-LIMITは、使いえないと考えた方が良いです。

こんな人におススメ

「Rakuten UN-LIMIT」を5ヶ月利用したわたくしがメリットとデメリットを考慮して、こんな人におススメします。

・iPhoneユーザー以外

・都会に住んでいる方

・サービスを楽天ポイントに集約したい方

・キャリアにこだわりが無い方

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お気軽にご訪問ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる